コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真菰/真薦 マコモ

デジタル大辞泉の解説

ま‐こも【真×菰/真薦】

イネ科の多年草。沼地に群生し、高さ約2メートル。葉は長くて幅広い。初秋、上方に雌花穂、下方に雄花穂を円錐状につける。茎・葉でござを編み、種子と若芽は食用。また黒穂菌(くろぼきん)がついて竹の子状となった茎を菰角(こもづの)などといい、食用にする。はなかつみ。かつみぐさ。ふししば。こも。こま。 夏 花=秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まこも【真菰】

イネ科の大形多年草。水辺に群生。稈かんの高さ約1.5メートル。葉は長さ約1メートルの線形。秋、円錐花序上半に雌花穂、下半に雄花穂を多数つける。葉で筵むしろを編む。黒穂病菌に侵された幼苗は菰角こもづのといい、食用とし、また眉墨まゆずみとした。カツミ。コモクサ。コモ。 [季] 夏。 《 舟に乗る人や-に隠れ去る /虚子 》 〔「真菰の花」は [季] 秋〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

真菰 (マコモ)

学名:Zizania latifolia
植物。イネ科の抽水性多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

真菰/真薦の関連キーワード草刈り馬・草刈馬・草苅り馬・草苅馬刈り菰・刈り薦・苅り菰・苅り薦盆(先祖祭り)十編の菅薦円座・円坐香川漆器精霊流し大庭御野刈り菰の出雲大社精霊棚潮来節草刈馬マコモ刈り菰黒穂菌角ぐむ鎌倉彫池運上盆棚

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android