コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色高 イロダカ

デジタル大辞泉の解説

いろ‐だか【色高】

江戸時代の雑税の一。クワ・コウゾ・ウルシなどの栽培によって、田畑以外の山野河海などからの収益があるとき、これを高に算定して村高に組み入れたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いろだか【色高】

江戸時代の雑税の一。小物成こものなりのうち、高をつけて村高に組み入れたもの。野高・山高・海高などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

色高の関連キーワードヘラタケ(篦茸)ナトリウムランプロッキード事件中曽根康弘内閣佐々木 秀世田中 伊三次川之辺一朝田中伊三次武田久吉二階堂進山川 黙サラガイ灰色議員江戸時代景観地区景観法時節柄高温計色温度山川黙

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色高の関連情報