コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色高 イロダカ

2件 の用語解説(色高の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いろ‐だか【色高】

江戸時代の雑税の一。クワ・コウゾウルシなどの栽培によって、田畑以外の山野・河海などからの収益があるとき、これを高に算定して村高に組み入れたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いろだか【色高】

江戸時代の雑税の一。小物成こものなりのうち、高をつけて村高に組み入れたもの。野高・山高・海高などがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

色高の関連キーワード漆年貢小物成雑税冥加金池運上漆判野手役銭池役尾形幸蔵

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

色高の関連情報