コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金と銀

デジタル大辞泉プラスの解説

金と銀

オーストリアの作曲家フランツ・レハール管弦楽のためのワルツ(1902)。原題《Gold und Silber》。自作のオペレッタからの編曲ではなく、独立した管弦楽曲として作曲された。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

金と銀の関連キーワード金を中心とする佐渡鉱山の遺産群バージニア・シティアンティオキア州金銀併行本位制度F. レハールビリングッチョ金銀複本位制度金の斧・銀の斧金銀複本位制グアナフアトアルキメデスエーゲ文明鈴木 十郎鍵(器具)跛行本位制高台寺蒔絵両本位制度複本位制度併行本位制COMEX

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金と銀の関連情報