金と銀

デジタル大辞泉プラスの解説

金と銀

オーストリアの作曲家フランツ・レハール管弦楽のためのワルツ(1902)。原題《Gold und Silber》。自作のオペレッタからの編曲ではなく、独立した管弦楽曲として作曲された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

きんとぎん【金と銀】

《原題、〈ドイツ〉Gold und Silberレハールの管弦楽曲。1902年初演。作曲者自作のオペレッタからの編曲ではなく、独立した管弦学用ワルツとしてつくられた。会場も参加者も金と銀で装飾した舞踏会で初演された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金と銀の関連情報