コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金仁問 きんじんもんKim In‐mun

世界大百科事典 第2版の解説

きんじんもん【金仁問 Kim In‐mun】

629‐694
朝鮮,新羅の王族将軍。字は仁寿。武烈王の次男,文武王の弟。651年から唐都長安に没するまで七たび唐に渡り,唐帝の宿衛にとどまること延べ22年におよび,唐・新羅間の外交の主幹をなした。660年唐高宗の百済遠征軍の副将として唐軍を先導し,661‐668年の高句麗遠征時には高宗の命令を本国に伝えて新羅軍を統率した。高宗が文武王に代えて金仁問を新羅王に冊封した事件もある(674)。【大井 剛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金仁問の関連キーワードクロタール2世クロタール[2世]ピピン[1世]舒明天皇ダゴベルト1世ダゴベルト(1世)唐の時代(年表)阿倍御主人メロダク=バラダン2世ルマン24時間

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android