金仁問(読み)きんじんもん(英語表記)Kim In‐mun

世界大百科事典 第2版の解説

きんじんもん【金仁問 Kim In‐mun】

629‐694
朝鮮,新羅の王族将軍。字は仁寿。武烈王の次男,文武王の弟。651年から唐都長安に没するまで七たび唐に渡り,唐帝の宿衛にとどまること延べ22年におよび,唐・新羅間の外交の主幹をなした。660年唐高宗の百済遠征軍の副将として唐軍を先導し,661‐668年の高句麗遠征時には高宗の命令を本国に伝えて新羅軍を統率した。高宗が文武王に代えて金仁問を新羅王に冊封した事件もある(674)。【大井 剛】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android