コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金切りのこ かなきりのこ

世界大百科事典 第2版の解説

かなきりのこ【金切りのこ】

主として金属材料を切断するのに用いられるのこぎり。手動工具としてのハンド弓のこと動力を用いる工作機械としての金切りのこ盤がある。後者は単にのこ盤あるいはのこぎり盤と称されることも多く,のこ刃の切削運動から,弓のこ刃の直線往復運動によって切断を行う弓のこ盤,環状の帯のこ刃の回転・直線運動によって切断を行う帯のこ盤および丸のこ刃の回転運動によって切断を行う丸のこ盤に大別される。いずれも原理的には木材用の木工のこ盤と同じであるが,弓のこ盤の場合,押し行程で切削を行う点が木工のものと異なる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

金切りのこの関連キーワード弓鋸盤