(読み)のこぎり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


のこぎり

木材を引切るために用いる木工刃具の総称。特殊なものとして石材金属材用のものもあるが,ほとんど同じ原理である。薄い工具鋼板の縁に多くの鋸目の刃をつけ,全体を焼入れしたもの。鋸目に縦びき用,横びき用の粗密があり,木目により使い分ける。簡単な平板状の一般形のほか,形状により丸鋸帯鋸糸鋸,さらにチェーン鋸に大別される。鋸は汎世界的な工具であるが,ほとんどの国のものは押切り型で,日本の引切り型は特殊ケースである。エジプトでは前4千年紀に青銅製の鋸が使われていた。中国では戦国時代に鉄製のものが現れる。日本では古墳時代に入ってから,幅約 3cm,長さ 20~25cmほどの細長い鉄板の両側に刃をつけたものが出現する。いわゆる引き鋸といわれる片刃で,茎 (なかご) の一部を柄につけたものが使われるのは,奈良時代以降のことである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょ【鋸】[漢字項目]

人名用漢字] [音]キョ(漢) [訓]のこぎり
大工道具、また、刑具の一。のこぎり。のこ。「鋸歯/刀鋸」
[難読]大鋸屑(おがくず)

のこ【×鋸】

のこぎり」の略。「糸

のこ‐ぎり【×鋸】

木材のほか金属・石などを切るのに用いる、薄い鋼板の縁に歯形を刻んで柄をつけた工具。木材繊維に沿って切るものを縦挽き鋸(のこ)、横断して切るものを横挽き鋸といい、用途により畔挽き鋸・竹挽き鋸・糸鋸や、動力を用いる機械鋸などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鋸【のこぎり】

木材・金属等を切断する工具。〈のこ〉ともいう。手のこと機械のこに大別,手のこは主として木・金工に使用。刃の形により縦引のこと横引のこがあり,前者は木繊維の方向に,後者は直角方向に切る場合に用いる。曲線を切り抜く回し引きのこ,敷居の溝等を切る畔(あぜ)引きのこ,金工用の弦(つる)掛けのこ等各種ある。機械のこには丸のこ・帯のこ等があり,製材等に使用。林業用にはチェーンソーがある。
→関連項目木工具

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のこぎり【鋸 saw】

材を切断する工具(図)。〈のこ〉ともいう。一般には製材・木工用の工具だが,金属を切るものもある。
[鋸刃の機能]
 木材は繊維体で,組織は一様でなく,弾性を多分に有するため,その切断を容易にし,かつその切断面を平滑にするには,鋸刃の形,配列にいろいろの工夫がなされる。鋸びきは木材の繊維を切断する仕事と,切断によってできた〈おがくず(鋸屑)〉を挽道外に排出する仕事の二つからなりたっているが,前者は主として鋸刃先の鋭利さに,後者は歯形,歯数などに左右される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

のこ【鋸】

「のこぎり」の略。 「糸-」 「弓-」

のこぎり【鋸】

〔「のほぎり」の転〕
薄い鋼板の縁にぎざぎざの歯を刻み付け、木材・石材・金属などを切るのに用いる工具。手で押したり引いたりするものと、動力によって駆動するものとがある。のこ。

のほぎり【鋸】

「のこぎり」の古名。〔新撰字鏡〕 〔和名抄〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

のこぎり【鋸】

木・石・金属などを切る工具。薄い鋼板の縁に多くの歯を作り、焼き入れをして硬い刃とし、柄をつけたもの。片歯・両歯・胴付き(片歯で身が薄く、背側に「背金」とよばれる補強が付いたもの)・回し引き(曲線・切り抜き用)・糸のこなどがある。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

鋸[金工]
のこぎり

九州・沖縄地方、熊本県の地域ブランド
人吉市で製作されている。安来鋼を火床で何度もたたきあげる昔ながらの本鍛造。熊本県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

のこ【鋸】

〘名〙 「のこぎり(鋸)」の略。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕

のこ‐ぎり【鋸】

〘名〙 (「のほぎり(鋸)」の変化した語)
① 木材・金属材・プラスチック材・竹材などをひき切るのに用いる工具。薄い長方形の鋼板の縁(ふち)に歯形を刻んで柄をつけたもの。形状・用途により両刃鋸・あぜひき鋸・糸鋸・竹びき鋸、また、動力を使う機械鋸(円鋸・帯鋸)などがある。のこ。のこずり。〔大般若経字抄(1032)〕
※平家(13C前)四「いかにもしてまづ競めをいけどりにせよ。のこぎりで頸(くび)きらん」

のほ‐ぎり【鋸】

〘名〙 「のこぎり(鋸)」の古名。
※大智度論平安初期点(850頃か)一六「大きなる鉄の鋸(ノホキリ)をもて解き析き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【木挽】より

…仕事場はリンバなどと呼ばれるが,木をひくための台をリンといったからである。マエビキという大鋸(おが)で,リンに載せた材木を縦にひき割るのであるが“木挽の一升飯”というくらい,精力を消耗する重労働とされている。彼らが一人前となる条件は,彼らの間に〈山小屋3年,白木屋(しろきや)3年〉のことわざがあるように,山のリンバで3年間,里の白木屋で3年間というような長期の修業が必要とされていた。…

※「鋸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鋸の関連情報