コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋸盤 ノコギリバン

4件 の用語解説(鋸盤の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のこぎり‐ばん【×鋸盤】

鋸を動力で動かし、木材・石材・金属を切断する機械。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鋸盤
のこばん

金切り鋸盤」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鋸盤
のこばん

金属、木材、その他の材料を切断するための工作機械。種類としては、弓鋸盤、帯(おび)鋸盤、丸鋸盤、糸鋸盤などがある。このなかで、帯鋸盤は、高速で使用できるため加工能率が高く、また速度、送りが可変であるので、各種材料に対して最適な条件を設定することができるという特長をもっている。また、糸鋸盤は、細い針金状の鋸刃を用いるので、板を曲線形状に切り抜くなどの細かい細工仕事ができる特長がある。[清水伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鋸盤の関連情報