コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金剛勝吉 こんごう しょうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金剛勝吉 こんごう-しょうきち

1562-1610 織豊-江戸時代前期の能役者シテ方。
永禄(えいろく)5年生まれ。金剛流天正(てんしょう)12年小牧・長久手の戦いで豊臣秀次にしたがい,慶長2年秀吉から金剛座をみとめられる。のち徳川家康につかえた。慶長15年死去。49歳。幼名は四郎。通称は弥一,弥市郎,右京。法名は道本。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

金剛勝吉の関連キーワード金剛右京(1)永禄

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android