金城芳子(読み)きんじょう よしこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「金城芳子」の解説

金城芳子 きんじょう-よしこ

1901-1991 昭和時代の社会事業家。
明治34年5月生まれ。沖縄高女在学中から伊波普猷(いは-ふゆう)に思想的影響をうける。大正14年上京し金城朝永と結婚。東京都養育院の保母長などをつとめ,「ふるさとの家」を主宰した。平成3年12月3日死去。90歳。沖縄県出身。旧姓知念。著作に「なはをんな一代記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android