コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊波普猷 いはふゆう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊波普猷
いはふゆう

[生]1876.2.20. 那覇
[没]1947.8.13. 東京
言語学者,民俗学者,歴史家。 1906年東京帝国大学言語学科卒業。沖縄学創始者で「沖縄学の父」といわれる。琉球の言語史,文化史の研究に貢献多く,特に古謡集『おもろさうし』を中心に,琉球の古代史,古語古俗を実証的に研究した。『古琉球』 (1911) ,『おもろさうし選釈』 (23) ,『南島方言史攷』 (34) ,『琉球戯曲辞典』 (38) など著書が多い。また,廃藩置県島津氏の琉球征伐とは異なり,日本への隷属ではなく,日本の一県となったことを意味するとして琉球の尊厳を説き,講演や執筆でその啓蒙に努めた。その著作の全貌は『伊波普猷全集』 (11巻,74~76) によりみることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いは‐ふゆう〔‐フイウ〕【伊波普猷】

[1876~1947]言語学者・民俗学者。沖縄の生まれ。沖縄の郷土研究家として、言語・歴史・民俗に関する多くのすぐれた業績をあげ、沖縄学の父といわれる。著「古琉球」「南島方言史攷」「琉球戯曲辞典」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

伊波普猷【いはふゆう】

言語学者,民俗学者。沖縄那覇の人。東大国文科卒。1910年沖縄県立図書館創設とともに館長となり郷土史料収集に努力。1925年再度上京,琉球語や沖縄史,特に大学以来のおもろさうしの研究に没頭。
→関連項目外間守善

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊波普猷 いは-ふゆう

1876-1947 明治-昭和時代の民俗学者,言語学者。
尚泰(しょうたい)王29年2月20日生まれ。東京帝大に在学中,中学時代の師田島利三郎の影響で「おもろさうし」研究をこころざす。沖縄県立図書館長の職にあった明治44年「古琉球」をあらわし,柳田国男,折口信夫(しのぶ)らに注目される。大正14年東京に移住。言語・民俗などの研究をふかめ,沖縄学の父と称された。昭和22年8月13日死去。72歳。琉球(沖縄県)出身。号は物外。著作はほかに「校訂おもろさうし」「をなり神の島」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いはふゆう【伊波普猷】

1876‐1947(明治9‐昭和22)
言語学者,民俗学者。沖縄学の父として知られるように,伊波普猷は,沖縄文化研究の基礎を築いた。とくに,《おもろさうし》の研究で名高いが,その研究活動は広範で,専攻の言語学をはじめ,民俗・歴史・文学等々の分野にわたる。これら諸分野の研究を通じて,沖縄という地域の文化的特質を総合的に明らかにしようとしたのが,伊波の学問の特徴である。1911年に出版された《古琉球》は,柳田国男,折口信夫など本土の研究者が沖縄文化に注目する端緒をつくり,やがて,沖縄研究が日本民俗学の形成に深くかかわっていくことになる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いはふゆう【伊波普猷】

1876~1947) 言語学者・民俗学者。沖縄県生まれ。東京帝大文科大学卒。沖縄の言語・民俗・芸能・歴史などを研究。著「南島方言史攷」「校訂おもろさうし」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊波普猷
いはふゆう
(1876―1947)

言語学者、民俗学者。明治初年の琉球(りゅうきゅう)処分に始まり、太平洋戦争の敗戦によってアメリカ軍の統治下になるまでの近代沖縄の激動期を、沖縄とともに生きた愛郷の研究者として知られる。明治9年2月20日(旧暦)那覇に生まれる。素封家の長男として恵まれた幼年期を過ごすが、中学5年生の秋、沖縄尋常中学で起こった校長排斥運動に加担して退学。翌年上京。この間、中学時代の恩師田島利三郎(りさぶろう)の影響を強く受けて、『おもろさうし』研究を志す。1906年(明治39)東京帝国大学文学科言語学専修卒業。郷土研究を志して帰郷するが、当時の沖縄の社会的要請にこたえ啓蒙(けいもう)活動に入る。県立沖縄図書館の設立にかかわり、館長嘱託としての活動を続けるかたわら、琉球史の講演を手始めに、キリスト教に関する宗教講演、方言矯正のための音声学講演を続け、読書会を開き、子供の会を始め、組合教会の設立、演劇協会にかかわり、婦人講話会、エスペラント講習会、民族衛生講話を行うなど、多様な啓蒙運動を展開した。しかし21年(大正10)柳田国男と出会い、学究に立ち戻ることを決意、『おもろさうし』の研究に打ち込む。25年上京、以後は東京で研究生活を続け、終戦を迎える。昭和22年8月13日、戦場となった沖縄の地を案じつつ、生涯を閉じた。時代にもまれた一生は、かならずしも平穏でなかったが、いまは、風光の美しい浦添(うらそえ)の丘に霊園がつくられ、顕彰碑が建てられている。
 研究活動は、言語、民俗、歴史、文学など広範にわたり、数多くの著作を発表。諸領域の学問を総合して、沖縄という地域社会の特性を明らかにしようとした顕著な傾向は沖縄学として知られる。個々の学問の業績だけでなく、伊波普猷の沖縄学の思想的影響は大きく、現代沖縄のさまざまな活動にも影を投げている。著書に『古琉球』『おもろさうし選釈』『校訂おもろさうし』『をなり神の島』『沖縄考』『沖縄歴史物語』などがある。[外間守善]
『『伊波普猷全集』全11巻(1974~76・平凡社) ▽金城正篤・高良倉吉著『伊波普猷――沖縄史像とその思想』(1972・清水書院・人と歴史シリーズ) ▽外間守善編『伊波普猷 人と思想』(1976・平凡社) ▽外間守善著『伊波普猷論』(1979・沖縄タイムス社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の伊波普猷の言及

【沖縄学】より

… 第2の段階は沖縄出身研究者が登場する1920年代半ばごろまでの時期である。のちに〈沖縄学のご三家〉と呼ばれる伊波普猷(いはふゆう),真境名安興(まじきなあんこう)(1875‐1933),東恩納寛惇(ひがしおんなかんじゆん)(1882‐1963)がそれぞれの研究成果を世に問い注目された。伊波の《古琉球》(1911),真境名の《沖縄一千年史》(1923),東恩納の《大日本地名辞書》続編二・琉球(1909)は研究を担う主体として沖縄出身研究者が出現したことを示して画期的な意義をもった。…

※「伊波普猷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊波普猷の関連キーワードネフスキー ニコライ真境名 安興喜舎場 永珣田島 利三郎のろ(祝女)比嘉 静観中本 正智真境名安興アマミキヨ3月15日日琉同祖論仲原 善忠喜舎場永珣金城 朝永伊波 普猷伊波 冬子宮城信勇奈良原繁野国総管宮城 文

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊波普猷の関連情報