コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金城朝永 きんじょう ちょうえい

1件 の用語解説(金城朝永の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金城朝永 きんじょう-ちょうえい

1902-1955 昭和時代の沖縄研究家,方言学者。
明治35年5月18日生まれ。おなじ沖縄出身の伊波普猷(いは-ふゆう)の影響をうける。柳田国男らの南島談話会に参加,沖縄研究,とくに琉球(りゅうきゅう)方言の研究に成果をあげた。昭和30年3月10日死去。52歳。東京外国語学校(現東京外大)卒。著作に「異態習俗考」「那覇方言概説」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の金城朝永の言及

【沖縄学】より

…しかし人文・社会科学の分野で〈日本文化との類同性を追求し同一化を志向する〉ことを出発当初からの基軸とした〈沖縄学〉の研究体質は,70年代に至るまで克服されなかった。金城朝永は50年に〈非日本的な異質の諸文化〉との比較研究の重要性を説いたが,顧みられないまま20年余がすぎたのである。戦後の第2段階は〈復帰〉後今日に至る時期で,金城の指摘にそった研究の深化がはかられつつある。…

【琉球語】より


【研究史】
 組織的な言語学的研究はイギリス人,B.H.チェンバレンの首里方言研究に始まる。ついで沖縄学の父といわれる伊波普猷(いはふゆう)の幅広い研究,宮良当壮(みやながまさもり)(1893‐1964)の八重山方言,金城朝永(きんじようちようえい)(1902‐55)の那覇方言の研究などがつづいた。今日のレベルの研究の基礎は服部四郎,仲宗根政善に負うところが大きい。…

※「金城朝永」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金城朝永の関連キーワード比嘉春潮加藤三吾志喜屋孝信園原咲也田島利三郎田村浩仲原善忠真境名安興宮城栄昌山里永吉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone