コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金城朝永 きんじょう ちょうえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金城朝永 きんじょう-ちょうえい

1902-1955 昭和時代の沖縄研究家,方言学者。
明治35年5月18日生まれ。おなじ沖縄出身の伊波普猷(いは-ふゆう)の影響をうける。柳田国男らの南島談話会に参加,沖縄研究,とくに琉球(りゅうきゅう)方言の研究に成果をあげた。昭和30年3月10日死去。52歳。東京外国語学校(現東京外大)卒。著作に「異態習俗考」「那覇方言概説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の金城朝永の言及

【沖縄学】より

…しかし人文・社会科学の分野で〈日本文化との類同性を追求し同一化を志向する〉ことを出発当初からの基軸とした〈沖縄学〉の研究体質は,70年代に至るまで克服されなかった。金城朝永は50年に〈非日本的な異質の諸文化〉との比較研究の重要性を説いたが,顧みられないまま20年余がすぎたのである。戦後の第2段階は〈復帰〉後今日に至る時期で,金城の指摘にそった研究の深化がはかられつつある。…

【琉球語】より


【研究史】
 組織的な言語学的研究はイギリス人,B.H.チェンバレンの首里方言研究に始まる。ついで沖縄学の父といわれる伊波普猷(いはふゆう)の幅広い研究,宮良当壮(みやながまさもり)(1893‐1964)の八重山方言,金城朝永(きんじようちようえい)(1902‐55)の那覇方言の研究などがつづいた。今日のレベルの研究の基礎は服部四郎,仲宗根政善に負うところが大きい。…

※「金城朝永」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金城朝永の関連キーワード金城 朝永金城芳子昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android