コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人民裁判 ジンミンサイバン

デジタル大辞泉の解説

じんみん‐さいばん【人民裁判】

法律によらず、結束した人民がみずからの力と意志において行う裁判。
職業的な裁判官と人民の中から選出された代表とが同資格で行う裁判。中国の人民法院などにおける裁判。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じんみんさいばん【人民裁判】

社会主義国家などで、人民の中から選ばれた代表が行う裁判。
多数者が少数者を私的に断罪すること。つるしあげ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人民裁判
じんみんさいばん

一般に社会主義諸国における裁判制度をさして用いられることもあるが、これらの国に人民裁判という制度・手続が存在するわけではなく、それは日本で一部に行われている一種の俗語であって、大衆的集会による反人民的行為の糾弾といったニュアンスをもつものとみられる。ソ連では最下級の裁判所のみが人民裁判所という名称であったし、また中国ではすべての裁判所が人民法院という名称を有するが、これらの場合の人民という用語の意味は、司法活動を職業裁判官のみにゆだねるのではなく、人民の参加という理念に基づき、職業裁判官と選挙された素人(しろうと)裁判官(人民参審員)とが同資格で事件の審理にあたるという点にある(たとえば1977年ソ連邦憲法151条・152条)。なお社会主義諸国では、通常の裁判所体系とは別に、職場等における同僚間の社会的教化の方法で軽微な民事・刑事・労働規律事件を処理する社会的機関も法制化されている。[大江泰一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

人民裁判の関連キーワードネチャーエフポル・ポト政治的責任水谷 孝キューバ証人喚問ギロチンみずから参審制白毛女金基鎮ラオス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人民裁判の関連情報