コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金天沢 きんてんたく Kim Ch'ǒnt'aek

1件 の用語解説(金天沢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金天沢
きんてんたく
Kim Ch'ǒnt'aek

朝鮮,李朝後期の時調 (シジョ) 作家,歌人。字,伯涵,履叔。号,南坡。老歌斎金寿長 (1690~?) と並ぶ 18世紀の代表的な平民出身の時調作家で,敬亭山歌壇に同人を結集し,時調に新風を吹込んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の金天沢の言及

【青丘永言】より

…李朝時代に編まれた朝鮮で最初の時調(短歌)集。英祖朝の第一の歌人,金天沢(号,南坡)が編集。《海東歌謡》とともに李朝時代の歌集としては最も完備したものである。…

【朝鮮文学】より

…郷歌以来の朝鮮固有の歌謡形式を踏襲し短縮した〈時調〉は高麗末に形式が完成するが,李朝の代表的詩歌となった。17世紀末ころまでは学者の即興詩的な色彩が強く,作風も道徳的で観念的であるが,金天沢,金寿長らの平民作家が輩出し,写実的で諧謔的,享楽的になり,形式も短型の〈平時調〉から中・長型の〈オッ時調〉〈辞説時調〉の破格型が生まれた。歌集《青丘永言》《海東歌謡》に集大成されている。…

※「金天沢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金天沢の関連キーワード矢田四如軒時調旨恕釈氏定規三政場市青丘永言鄭斉斗鄭澈同文彙攷

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone