コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金天沢 きんてんたくKim Ch'ǒnt'aek

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金天沢
きんてんたく
Kim Ch'ǒnt'aek

朝鮮,李朝後期の時調 (シジョ) 作家,歌人。字,伯涵,履叔。号,南坡。老歌斎金寿長 (1690~?) と並ぶ 18世紀の代表的な平民出身の時調作家で,敬亭山歌壇に同人を結集し,時調に新風を吹込んだ。それまで時調界の主流を占めていた学者,文人の時調が,閑情を即興的にうたい,道学的,観念的であるのに比べ,題材を日常生活に求め,描写が写実的で諧謔に富むのが特色となっている。時調の集成にも功績があり,『青丘永言』 (1728) は朝鮮最初の時調集。自作の時調として 74首が現存する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の金天沢の言及

【青丘永言】より

…李朝時代に編まれた朝鮮で最初の時調(短歌)集。英祖朝の第一の歌人,金天沢(号,南坡)が編集。《海東歌謡》とともに李朝時代の歌集としては最も完備したものである。…

【朝鮮文学】より

…郷歌以来の朝鮮固有の歌謡形式を踏襲し短縮した〈時調〉は高麗末に形式が完成するが,李朝の代表的詩歌となった。17世紀末ころまでは学者の即興詩的な色彩が強く,作風も道徳的で観念的であるが,金天沢,金寿長らの平民作家が輩出し,写実的で諧謔的,享楽的になり,形式も短型の〈平時調〉から中・長型の〈オッ時調〉〈辞説時調〉の破格型が生まれた。歌集《青丘永言》《海東歌謡》に集大成されている。…

※「金天沢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone