コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属化紙コンデンサー キンゾクカカミコンデンサー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金属化紙コンデンサー
きんぞくかしこんでんさー

電気回路に使用するコンデンサー(蓄電器)の一種。MP(metallized paperの略称)コンデンサーともよばれ、厚さ8~15マイクロメートルのコンデンサー紙にラッカーを薄く塗布したのち、ニッケル、アルミニウム、亜鉛などの金属を真空蒸着したものを、2枚重ねて巻き込み、含浸剤を含ませてある。静電容量は、0.1マイクロファラド~100マイクロファラドである。電極が蒸着膜であるため、従来の紙コンデンサーに比べ、容積は3分の1以下ですむ。金属化紙がなんらかの原因で絶縁破壊をおこしても、短絡電流による熱で金属化紙に孔(あな)があくと、その近くの蒸着電極も消散し、一瞬のうちに絶縁が回復する自己回復作用がある。[吹野 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の金属化紙コンデンサーの言及

【コンデンサー】より

…紙コンデンサーは誘電体として紙を,電極に金属箔を用いる。金属化紙コンデンサー(MPコンデンサー)は誘電体として紙を,電極にはその紙の上に蒸着した金属薄層を用いる。これによって紙コンデンサーの半分以下の体積にできる。…

※「金属化紙コンデンサー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android