コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金山寺味噌

栄養・生化学辞典の解説

金山寺味噌

 醸造嘗味噌の一つで,ムギ,ダイズ,野菜,スパイスなどを使って発酵させた味噌.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

金山寺味噌[調味料]
きんざんじみそ

近畿地方、和歌山県の地域ブランド。
有田郡湯浅町で製造されている。金山寺みその歴史は、鎌倉時代の褝僧・法燈国師が中国で修行した際に味噌の製法を修得し、帰国後紀伊由良に西方寺(後の興国寺)を建立している間に伝授したのが始まりという。舐め味噌の一つで、食べる味噌。元々は夏野菜を冬に食べるための保存食であった。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

金山寺味噌の関連キーワード紀州湯浅醤油径山寺味噌嘗め味噌近畿地方金山寺

金山寺味噌の関連情報