コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興国寺 コウコクジ

世界大百科事典 第2版の解説

こうこくじ【興国寺】

和歌山県日高郡由良町にある臨済宗法灯(ほつとう)派の本山。山号は鷲峰山。前身は1227年(安貞1)葛山願性(くずやまがんしよう)の創建した西方寺であるが,58年(正嘉2)高野山禅定院住持であった無本覚心が招かれ,禅寺にあらためて開山初祖となった。覚心の風をしたう僧衆が雲集し,孤峰覚明(こほうかくみよう),高山慈照など多くの禅傑が輩出し,いわゆる法灯派の中心道場として繁栄した。しかし,覚心没後しだいに衰微し,兵火によって荒廃したが,1601年(慶長6)浅野幸長の外護により復興された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

興国寺
こうこくじ

和歌山県日高郡由良(ゆら)町門前にある臨済(りんざい)宗妙心寺派の寺。鷲峰山(しゅうほうざん)と号し、詳しくは開山興国寺、俗に由良開山という。もと法燈(ほっとう)派の根本道場であった。1227年(安貞1)紀伊国由良庄(しょう)の地頭葛山景倫(かずらやまかげとも)(出家して願生(がんしょう))が源実朝(さねとも)の菩提(ぼだい)のために建立したもので、初め西方(さいほう)寺と称した。願生は入宋(にっそう)する法燈国師(心地覚心(しんちかくしん))に、旧主実朝の遺志によりその分骨を宋国の雁蕩山(かんとうさん)に納めることを請うた。この約束を果たした法燈国師は、帰国後の1258年(正嘉2)願生に招かれて由良の西方寺に入り、寺名を興国寺と改めた。戦国時代に一時荒廃したが、慶長(けいちょう)年間(1596~1615)領主の浅野氏が復興した。寺宝に木造法燈国師像、絹本着色法燈国師像(いずれも国指定重要文化財)などがある。[菅沼 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の興国寺の言及

【由良[町]】より

…平安末期には蓮華王院領由良荘が置かれた。鎌倉前期には興国寺(臨済宗法灯派本山)が開創され,開山住持覚心が宋より普化(ふけ)尺八を伝えたことから,虚無僧の本寺ともされた。江戸時代,網代(あじろ)と江奈には紀州藩の二歩口役所が置かれていた。…

※「興国寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

興国寺の関連キーワード径山寺みそ(径山寺味噌)径山寺味噌/金山寺味噌和歌山県日高郡由良町白崎海岸県立自然公園静岡県沼津市根古屋五山・十刹・諸山法灯派・法燈派参天台五台山記興国寺城跡金山寺味噌由良[町]真観(1)足利茶々丸新井 石禅径山寺味噌太平興国寺興国寺城東海竺源天祐宗津嫩桂正栄

興国寺の関連情報