コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金打歩政策 きんうちぶせいさく gold premium policy

2件 の用語解説(金打歩政策の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金打歩政策
きんうちぶせいさく
gold premium policy

金銀複本位制または跛行本位制度下にあって,金への銀行券兌換請求に対しては一定の打歩 (プレミアム) を課する政策。歴史的にみてこの政策を実行したのは,19世紀末~20世紀初めのフランス銀行のみであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金打歩政策【きんうちぶせいさく】

金銀複本位制度または跛行(はこう)本位制を採用している場合,金価格が騰貴するか銀価格が下落すると金兌換(だかん)の請求が多くなり,中央銀行の金準備が不足する。これを防ぐために中央銀行が金兌換を請求する者に金価格の値増し(打歩)を要求して金準備を守る政策。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

金打歩政策の関連キーワード金核本位制度金為替本位制度金銀複本位制度単本位制度複本位制度本位制度両本位制度金銀複本位制金銀併行本位制度跛行本位制度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone