跛行本位制(読み)はこうほんいせい

百科事典マイペディアの解説

跛行本位制【はこうほんいせい】

本来金銀複本位制度であったものが,事実上は金のみを本位貨幣としている状態をいう。複本位制のもとで金と銀の法定比価を市場比価と一致させることが困難になると,市場価値が割安な銀貨のみが流通するため,銀貨の自由鋳造を禁止せざるを得なくなって起こる。
→関連項目金打歩政策併行本位制

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はこう‐ほんいせい ハカウホンヰセイ【跛行本位制】

〘名〙 (limping standard の訳語) 貨幣本位制の一つ。金貨・銀貨の二種を無制限の本位貨幣と認め、そのうちの一方の貨幣に限って、自由鋳造を制限するもの。ふつう、銀貨の鋳造を制限することが多い。
※円(1963)〈鈴木武雄〉五「一八七五年にはフランスその他のラテン貨幣同盟諸国が本位銀貨の自由鋳造の禁止によりいわゆる跛行本位制となって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android