コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跛行 ハコウ

デジタル大辞泉の解説

は‐こう〔‐カウ〕【×跛行】

[名](スル)
片足をひきずるようにして歩くこと。
つりあいのとれていない状態のまま、物事が進行していくこと。「景気の跛行状態」

ひ‐こう〔‐カウ〕【×跛行】

はこう(跛行)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はこう【跛行 claudication】

跛行とは歩行異常の一種をいい,俗に〈びっこ〉ともいう。歩行中の肩の上下運動,体幹の左右前後への異常な振れ下肢の運び,歩幅,体重を支える立脚期からその脚を地面から離して前方に進める遊脚期への時間的間隔などを総合的に分析して,歩行が異常か正常かを判定する。しかし,実際にはどこまでが正常で,どこからが異常かの判定はなかなか困難である。正常人でも歩き方には癖があるし,同一人でも履物の種類やどのような衣服を着ているかによって歩行は変わってくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はこう【跛行】

( 名 ) スル
片足をひいて行くこと。
物事が釣り合いのとれない状態で進行すること。 「 -景気」 「 -状態」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

跛行
はこう

歩行障害の一種で、片足を引きずるようにして歩く状態をさす。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の跛行の言及

【骨肉腫】より

…このような関節痛を生じる疾患は非常に多く,膝関節痛が生じたら直ちに骨肉腫と考えることはないが,疼痛が持続したり,腫張が生じた場合は専門医へ受診する必要がある。疼痛は最初は運動時の疼痛で間欠的であるが,やがて疼痛は持続的となり,病巣部に一致して腫張や関節の可動性制限を生じるようになり,大腿骨や脛骨発生例では疼痛のために跛行を生じ,上腕骨上端発生例では肩関節の運動制限を生じるようになる。病気の進行につれ,病巣部に一致して静脈怒張,局所熱感,圧痛などを生じる。…

※「跛行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

跛行の関連キーワード子どもの運動器の病気を見つける手がかりバージャー病(閉塞性血栓血管炎)ホラチウス・コクレス閉塞性動脈硬化症閉塞性血栓血管炎腰部脊柱管狭窄症大腿四頭筋短縮症先天性股関節脱臼単純性股関節炎カルリスタ戦争ビュルガー病間欠性跛行症脊椎すべり症ヒッポナクス脊柱管狭窄症末梢動脈疾患脊髄血管障害イアンボス動脈硬化症ペルテス病

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android