コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金春喜勝 こんぱる よしかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金春喜勝 こんぱる-よしかつ

1510-1583 戦国-織豊時代の能役者シテ方。
永正(えいしょう)7年生まれ。金春禅鳳(ぜんぽう)の孫。天文(てんぶん)9年金春流宗家61代をつぐ。父金春氏照(氏昭(うじあき)とも)とともに大坂の石山本願寺に出入りし,同寺坊官の下間仲孝(しもつま-なかたか)に金春流をつたえた。天正(てんしょう)11年5月26日死去。74歳。通称は八郎。法名は岌蓮(ぎゅうれん)。名は別に元安。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

金春喜勝の関連キーワード金春喜家金春安照

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android