コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金春禅鳳 こんぱるぜんぽう

7件 の用語解説(金春禅鳳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金春禅鳳
こんぱるぜんぽう

[生]享徳3(1454)
[没]?
室町時代能役者,作者。禅竹の孫。俗称八郎元安。父宗 筠の死後,金春太夫となり,その活躍は父や祖父よりもはなばなしかった。没年は未詳であるが,孫の話などからみて,かなり長生きしたらしい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こんぱる‐ぜんぽう【金春禅鳳】

[1454~1520ころ]室町後期の能役者・能作者。名は八郎元安。禅鳳は法名。禅竹の孫。金春座大夫として、観世座と対抗。作品に「一角仙人」「嵐山」、理論書に「毛端私珍抄」「反古裏之書」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金春禅鳳【こんぱるぜんぽう】

室町時代の能役者,能作者。実名元安。金春流の大夫。祖父金春禅竹らの指導を受けた。《囃之事》《五音之次第》などの著作,《嵐山》《一角仙人》などの作品がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金春禅鳳 こんぱる-ぜんぽう

1454-1532? 室町-戦国時代の能役者シテ方。
享徳3年生まれ。金春禅竹の孫。59代金春大夫。観世座の勢力に対抗し,奈良興福寺古市澄胤(ちょういん)の後援をえて大和で勢力をのばす。京都にも進出し,永正(えいしょう)2年粟田口(あわたぐち)で大規模な勧進猿楽(かんじんさるがく)を興行した。天文(てんぶん)元年?死去。79歳? 名は元安。通称は八郎。著作に「禅鳳雑談」,作品に「嵐山」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こんぱるぜんぽう【金春禅鳳】

1454(享徳3)‐?
室町後期を中心に活躍した能役者。能作者でもある。金春禅竹の孫にあたる金春大夫。通称八郎。実名元安。法名桐林禅鳳。1460年(寛正1)11月,春日若宮祭の後,祖父禅竹に伴われて興福寺大乗院門跡尋尊のもとに参上したのが文献上の初出(《大乗院寺社雑事記》)。以後,祖父,父の金春宗筠(そういん)(1432‐80)薫陶の下に修業し,72年(文明4)8月には,奈良古市の祭礼能に父の代演を務めるほどに成長した(《経覚私要抄》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こんぱるぜんぽう【金春禅鳳】

1454~1532?) 室町後期の能役者・能作者。シテ方金春流五九世宗家。俗名、八郎元安。禅鳳は法名。禅竹の孫。「嵐山」「生田敦盛」「一角仙人」などの能を作る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金春禅鳳
こんぱるぜんぽう
(1454―1520?)

室町後期の能役者、能作者。シテ方金春流の大夫(たゆう)。金春禅竹の孫で、実名は八郎元安。将軍足利義稙(あしかがよしたね)のひいきにより全盛を誇る観世座(かんぜざ)に対抗し、奈良の衆徒の後援を得て大和(やまと)に勢力を伸ばし、京都に進出して1505年(永正2)有名な粟田口(あわたぐち)の勧進能ほかを催している。作品に『嵐山(あらしやま)』『東方朔(とうぼうさく)』『生田敦盛(いくたあつもり)』『初雪』や、歌舞伎(かぶき)の『鳴神(なるかみ)』の原典となった『一角仙人(いっかくせんにん)』などがあるが、いずれも特色ある能である。著書に『毛端私珍抄(もうたんしちんしょう)』『反故裏之書(ほごうらのしょ)』、芸談に『禅鳳雑談(ぞうたん)』など。演出の実態を伝える資料として貴重である。[増田正造]
『表章・伊藤正義編『金春古伝書集成』(1968・わんや書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の金春禅鳳の言及

【嵐山】より

…神物。金春禅鳳作。前ジテは木守(こもり)明神の化身。…

【一角仙人】より

四番目物五番目物金春禅鳳作。シテは一角仙人。…

【能】より

…次にその例を挙げるが,この中には,作者について多少の疑問を残しているものや,後に改作されて現在に伝えられていることの明らかなものも含めてある。 (1)観阿弥 《松風》《通小町(かよいこまち)》《卒都婆小町(そとばこまち)》《自然居士(じねんこじ)》,(2)世阿弥 《老松(おいまつ)》《高砂(たかさご)》《弓八幡(ゆみやわた)》《敦盛》《忠度》《清経》《頼政》《実盛》《井筒》《檜垣(ひがき)》《西行桜》《融(とおる)》《鵺(ぬえ)》《恋重荷(こいのおもに)》《砧(きぬた)》《班女(はんじよ)》《花筐(はながたみ)》,(3)観世元雅 《隅田川》《歌占(うたうら)》《弱法師(よろぼし)》《盛久》,(4)金春禅竹 《芭蕉》《定家(ていか)》《玉葛(たまかずら)》《雨月(うげつ)》,(5)宮増(みやます) 《鞍馬天狗》《夜討曾我》,(6)観世信光 《遊行柳(ゆぎようやなぎ)》,《鐘巻(かねまき)》(《道成寺》の原作),《紅葉狩》《船弁慶》《羅生門》《安宅(あたか)》,(7)金春禅鳳 《嵐山(あらしやま)》《一角仙人》,(8)観世長俊 《大社(おおやしろ)》《正尊(しようぞん)》。
【曲籍】
 一日の公演に演ずる能の数は,南北朝時代までは4~5演目にすぎなかったが,その後増加の道をたどり,室町時代中期から桃山時代にかけては7番から12番ぐらいの例が多く,一日17番という例さえ見られる。…

【風流能】より

…美少年が小歌,曲舞(くせまい),羯鼓(かつこ)などの芸能を尽くす《花月》,武士の鬼退治をみせる《土蜘蛛》,天人の舞が中心の《羽衣》など,人間の心理や葛藤を描くよりも見た目のおもしろさや舞台上のはなやかな動きを中心とした能を指し,広い意味では脇能(神霊が祝福を与える内容)も含まれる。なかでも観世信光作《玉井(たまのい)》《竜虎(りようこ)》《愛宕空也(あたごくうや)》,金春禅鳳(こんぱるぜんぽう)作《嵐山》《一角仙人》,観世長俊作《江野島(えのしま)》《輪蔵(りんぞう)》などは,華麗な扮装の神仏,天仙,竜神などが次々と登場して舞台を動き回り,大がかりな仕掛けの作り物を活用し,アイ(間)も《玉井》の〈貝尽し〉,《嵐山》の〈猿聟〉,《江野島》の〈道者〉のように,にぎやかにくふうを凝らす(ただし,今日これらのアイは特別な場合しか上演しない)など,全体がスペクタクル・ページェント・ショーとして統一されている。日本では,スペクタクルやショーに類するものを古来〈風流〉と称したので,この種の能を風流能と名づけた。…

※「金春禅鳳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金春禅鳳の関連キーワード周徳文閑細川茂之能太夫能役者観世信光大蔵虎清奥野瑳助金春勝国槌太夫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone