コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金春重家 こんぱる しげいえ

1件 の用語解説(金春重家の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金春重家 こんぱる-しげいえ

1560-1625 織豊-江戸時代前期の能役者太鼓(たいこ)方。
永禄(えいろく)3年生まれ。金春喜家(よしいえ)の子。観世流(かんぜりゅう)太鼓方の似我(じが)与左衛門の弟子。師の没後は金春座から観世座付となり,与左衛門を名のる。太鼓をのせる又右衛門台を発明したとされる。寛永2年8月7日死去。66歳。通称は又右衛門。法名は宗可。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

金春重家の関連キーワードJamesジェームズグスタフフランソワ今川義元浅井長政グスタフ伊木山城久松氏加納御前

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone