コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金森頼峕 かなもり よりとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金森頼峕 かなもり-よりとき

1669-1736 江戸時代前期-中期の大名。
寛文9年生まれ。金森頼業(よりなり)の子。寛文12年飛騨(ひだ)(岐阜県)高山藩主金森家6代となる。元禄(げんろく)2年奥詰(おくづめ)に任じられる。5年出羽(でわ)上山(山形県),さらに10年美濃(みの)(岐阜県)八幡(はちまん)に移封された。元文元年5月23日死去。68歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

金森頼峕の関連キーワード山打三九郎

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android