金縁証券(読み)きんぶちしょうけん(英語表記)gilt-edged securities

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金縁証券
きんぶちしょうけん
gilt-edged securities

最も優良で,特にその利払いが絶対的に確実とされている債券。イギリスのコンソル公債その他の中長期政府公債をさすことが多い。この場合短期政府債務である財務省証券 TBを含まないので,TBに対する用語となっている。金縁語源は,1694年にイギリス国王が発行した国債の縁に金が彩色されていたことに由来している。ただし現在発行されているものには金の縁はついていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きんぶちしょうけん【金縁証券】

最優良の証券。国債や超一流企業の債券などにいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金縁証券
きんぶちしょうけん

超一流の証券のことで、ギルトエッジ証券gilt-edged securitiesともいう。1694年にイギリスで発行された八分利付国債に金縁があったことに由来し、その後、国債のように金利の支払いが確実で、市価の変動も少なく、しかも現金化の容易な証券を金縁証券とよぶようになった。イギリスでは、コンソル公債を代表とし、そのほか中長期の国債など数種の銘柄があげられる。最近では、債券のみでなく、株式を含めて広く最優良証券に与えられる代名詞のように用いられていた。しかし現在では、国債といえども、債券全般の価格の変動性が高いことから、この用語の積極的な意義は薄れている。[石野 典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の金縁証券の言及

【ギルト・エッジド証券】より

…単にギルト・エッジともいい,金縁(きんぶち)証券と訳す。名前は1694年発行の8分利付国債が縁を金色にいろどったことに由来する。…

※「金縁証券」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android