コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金蝶饅頭

デジタル大辞泉プラスの解説

金蝶饅頭

岐阜県大垣市、金蝶堂総本店が製造・販売する銘菓。こし餡を酒種の薄皮で包んだ饅頭

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金蝶饅頭
きんちょうまんじゅう

岐阜県大垣市の名物まんじゅうで、酒まんじゅう系に属する。このまんじゅうは、金蝶堂初代の吉田寿江子(すえこ)により1862年(文久2)につくられた。寿江子は彦根藩奥勤めをしていたが、井伊直弼(いいなおすけ)の暗殺を機に宿下がりをして釘(くぎ)職人と結婚、大垣に移った。諸国行商の夫の留守中、寿江子は茶店を開いていたが、大垣藩の家老小原二兵衛鉄心に見込まれ、密偵として彦根、長浜、京都の動静を探索することになった。奥勤め中に覚えた麹(こうじ)まんじゅうを商いながら、寿江子は鉄心の秘命を果たし、大垣に戻って薄皮の酒まんじゅう屋を開いた。鉄心はその功を賞し、黄金造り揚羽蝶(あげはちょう)のかんざしを贈った。金蝶饅頭の名はこの贈り物による。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

金蝶饅頭の関連キーワード岐阜県大垣市史生

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金蝶饅頭の関連情報