金融商品取引業(読み)キンユウショウヒントリヒキギョウ

デジタル大辞泉の解説

きんゆうしょうひん‐とりひきぎょう〔キンユウシヤウヒンとりひきゲフ〕【金融商品取引業】

有価証券の販売・勧誘、引受けデリバティブ取引、資産管理、投資助言・代理、投資運用などを行うこと。金融商品取引法に規定。業として行うには内閣総理大臣への登録が必要。→金融商品仲介業
[補説]平成19年(2007)の金融商品取引法施行に伴い、証券業は金融商品取引業に名称が変更され、有価証券関連以外のデリバティブ取引、集団投資スキーム持分の自己募集、投資助言・代理業投資運用業などの業務が対象に加えられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android