コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金融商品取引業 キンユウショウヒントリヒキギョウ

1件 の用語解説(金融商品取引業の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きんゆうしょうひん‐とりひきぎょう〔キンユウシヤウヒンとりひきゲフ〕【金融商品取引業】

有価証券の販売・勧誘、引受けデリバティブ取引、資産管理、投資助言・代理、投資運用などを行うこと。金融商品取引法に規定。業として行うには内閣総理大臣への登録が必要。→金融商品仲介業
[補説]平成19年(2007)の金融商品取引法施行に伴い、証券業金融商品取引業に名称が変更され、有価証券関連以外のデリバティブ取引集団投資スキーム持分の自己募集、投資助言・代理業投資運用業などの業務が対象に加えられた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金融商品取引業の関連情報