コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金融商品取引業 キンユウショウヒントリヒキギョウ

デジタル大辞泉の解説

きんゆうしょうひん‐とりひきぎょう〔キンユウシヤウヒンとりひきゲフ〕【金融商品取引業】

有価証券の販売・勧誘、引受けデリバティブ取引、資産管理、投資助言・代理、投資運用などを行うこと。金融商品取引法に規定。業として行うには内閣総理大臣への登録が必要。→金融商品仲介業
[補説]平成19年(2007)の金融商品取引法施行に伴い、証券業は金融商品取引業に名称が変更され、有価証券関連以外のデリバティブ取引、集団投資スキーム持分の自己募集、投資助言・代理業投資運用業などの業務が対象に加えられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

金融商品取引業の関連キーワード投資信託及び投資法人に関する法律タックスヘイブン対策税制日本証券投資顧問業協会第二種金融商品取引業第一種金融商品取引業株式等譲渡益課税制度金融商品取引業協会金融商品の広告規制金融商品取引業者アンダーライター投資助言代理業外務員資格試験金融商品取引所作為的相場形成日本証券業協会投資顧問会社適合性の原則最良執行義務報告徴求命令投資運用業者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金融商品取引業の関連情報