金融商品取引業(読み)キンユウショウヒントリヒキギョウ

デジタル大辞泉「金融商品取引業」の解説

きんゆうしょうひん‐とりひきぎょう〔キンユウシヤウヒンとりひきゲフ〕【金融商品取引業】

有価証券の販売・勧誘引受けデリバティブ取引、資産管理、投資助言・代理、投資運用などを行うこと。金融商品取引法規定として行うには内閣総理大臣への登録が必要。→金融商品仲介業
[補説]平成19年(2007)の金融商品取引法施行に伴い、証券業は金融商品取引業に名称が変更され、有価証券関連以外のデリバティブ取引、集団投資スキーム持分の自己募集、投資助言・代理業投資運用業などの業務が対象に加えられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android