金融引締め(読み)きんゆうひきしめ

百科事典マイペディア「金融引締め」の解説

金融引締め【きんゆうひきしめ】

金融政策の一局面で,景気過熱により物価が騰貴し,国際収支が悪化した場合,中央銀行がとる景気沈静手段。通貨供給量を抑制することで総需要を抑える。日本では通常公定歩合の引上げと窓口規制の開始がその指標になっている。金融引締めの際には通例財政面の支出削減または延期が並行して行われる。
→関連項目黒字倒産ディスインフレーション三重野康

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「金融引締め」の解説

きんゆう‐ひきしめ【金融引(き)締め】

景気の過熱やインフレを抑制するために、中央銀行(日本では日本銀行)が基準割引率および基準貸付利率公定歩合)・預金準備率の引き上げ、売りオペレーションなどによって通貨の供給を抑え、金利水準を高めて、総需要を抑制すること。⇔金融緩和

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android