コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金融引(き)締め キンユウヒキシメ

デジタル大辞泉の解説

きんゆう‐ひきしめ【金融引(き)締め】

景気の過熱インフレを抑制するために、中央銀行(日本では日本銀行)が基準割引率および基準貸付利率公定歩合)・預金準備率の引き上げ、売りオペレーションなどによって通貨の供給を抑え、金利水準を高めて、総需要を抑制すること。⇔金融緩和

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

金融引締め【きんゆうひきしめ】

金融政策の一局面で,景気過熱により物価が騰貴し,国際収支が悪化した場合,中央銀行がとる景気沈静手段。通貨の供給量を抑制することで総需要を抑える。日本では通常公定歩合の引上げと窓口規制の開始がその指標になっている。
→関連項目黒字倒産ディスインフレーション三重野康

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

金融引(き)締めの関連キーワードフェデラル・ファンド金利アセット・アプローチ理論ビルズ・オンリー政策国際均衡・国内均衡貸出増加額規制支払準備率操作公社債投資信託ポジション指導選択的信用調節イギリス病バブル経済円の国際化円転換規制含み貸出し反循環政策窓口指導ボルカー景気循環昭和恐慌信用割当

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android