コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金輪五郎 かなわ ごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金輪五郎 かなわ-ごろう

1833-1870* 幕末の武士。
天保(てんぽう)4年生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)家老渋江厚光(あつみつ)につかえる。脱藩して鳥羽・伏見の戦いでは薩摩(さつま)鹿児島藩に属し,のち相楽(さがら)総三の赤報隊に参加。大村益次郎暗殺容疑で捕らえられ,明治2年12月29日処刑された。37歳。本名は志渡長治。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

金輪五郎の関連キーワード漁師鱶七

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android