コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しゅ

重さの単位。『大宝令』では,唐制にならい,100黍 (しょ) を銖,24銖を1,16両を1とした。江戸時代には貨幣の単位として,の字が用いられ,4朱で1歩 () ,4歩で1両としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅ【×銖/朱】

重さの単位。大宝令で、1両の24分の1。
江戸時代の貨幣の単位。1両の16分の1。1分(ぶ)の4分の1。銀目の3匁7分5厘。
利率の単位。1割の10分の1。分(ぶ)。歩(ぶ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【蔵人所斤】より

…鎌倉時代に用いられた重さを計る単位の一つ。律令制では唐制にならい,キビ100粒の重さを1銖と規定し,24銖を1両,16両を1斤(小斤)とし,さらに3両を大両1両とする大斤を定め,金,銀,穀などを計る場合に大斤を用い,他は小斤を用いることとした。この衡制は時代が経過するとともにみだれ,地域により,あるいは領主により,基準の異なるはかりを用いるようになった。…

【度量衡】より

…衡つまりてんびんによって軽重を測るための権,すなわち分銅には,度と量と同じく5種がある。五権は,1龠に容る1200粒のクロキビの重さを12銖とし,その2倍の24銖を1両とし,16両を1斤,30斤を1鈞,4鈞を1石とした。この度量衡の体系は劉歆を中心とした学者らによって秦代以降の度量衡が易の理念と易の数によって整理,統一されたものであった。…

【両】より

…1891年に制定された度量衡法によって尺貫法が確立される以前に用いられた質量の単位。古代中国の単位に由来し,銖‐分‐両‐斤(銖は中位の秬黍(くろきび)100粒の重さ,分=6銖,両=4分,斤=16両)の系列をなし,唐の開元通宝の目方に等しい匁に対しては1両=10匁の関係にあり,ほぼ37.3gに相当する。ただし鎌倉時代後期以降,京都では金1両は4匁5分,銀1両は4匁3分などとされた。…

※「銖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銖の関連キーワード在日本朝鮮人総連合会漢の時代(年表)武帝[前漢]黒水国遺跡茶戸里遺跡南山裡漢墓石寨山古墓黄金塚古墳蔵人所斤遼陽漢墓陽高古墳信陽遺跡開元通宝王莽銭牧羊城度量衡富本銭半両銭五銖銭尺貫法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銖の関連情報