コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金長生 きんちょうせい Kim Chan‐saeng

1件 の用語解説(金長生の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんちょうせい【金長生 Kim Chan‐saeng】

1548‐1631
朝鮮,李朝の学者。字は希元。号は沙渓。光山の人。宋翼弼,李栗谷(りりつこく)の門人で,子の金集とともに礼学の大家とされる。学行により推挙されて任官し,日本や後金の侵入の際には軍糧米調達に活躍したが,晩年は郷里で教育に専心し,門人に宋時烈,宋浚吉等を輩出して畿湖学派の主流をなした。著書には朱熹の《家礼》に関する諸家の学説を編集した《家礼輯覧》や,《近思録釈意》等がある。諡号(しごう)は文元。【山内 弘一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金長生の関連キーワード李霆李滉高麗茶碗スアレス鄭麟趾李朝李朝実録書堂末学非学者