コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金長生 きんちょうせいKim Chan‐saeng

世界大百科事典 第2版の解説

きんちょうせい【金長生 Kim Chan‐saeng】

1548‐1631
朝鮮,李朝の学者。字は希元。号は沙渓。光山の人。宋翼弼,李栗谷(りりつこく)の門人で,子の金集とともに礼学の大家とされる。学行により推挙されて任官し,日本や後金の侵入の際には軍糧米調達に活躍したが,晩年は郷里で教育に専心し,門人に宋時烈,宋浚吉等を輩出して畿湖学派の主流をなした。著書には朱熹の《家礼》に関する諸家の学説を編集した《家礼輯覧》や,《近思録釈意》等がある。諡号(しごう)は文元。【山内 弘一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

金長生の関連キーワードカルヴァリョアグリコラジグムント2世アウグストフランス演劇カルバリヨ本多忠政アラウィー朝ガゼット・ド・フランスベスビオ火山岩手の葉タバコ生産

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android