金魚本多(読み)きんぎょほんだ

精選版 日本国語大辞典「金魚本多」の解説

きんぎょ‐ほんだ【金魚本多】

〘名〙 男髷(おとこまげ)一種。江戸時代、武家の若者または富豪子息などの間に流行したで、根をあげ、髷頭(まげがしら)を少しそり加減にしたもの。金魚髷金魚
洒落本・両国栞(1771)「京はかたの帯をしめ、いかぬ木刀をさし、ひたいを大きくぬきあげ髪はきんぎょ本田にゆひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android