コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜戸温泉 かまどおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釜戸温泉
かまどおんせん

岐阜県南東部,瑞浪市の郊外に湧く温泉。土岐川畔の高台に位置し,JR中央本線の釜戸駅から近いこともあって保養客の利用が多い。泉質は放射能泉。泉温は 15℃。神経痛リウマチによい。近くに竜吟滝や鬼岩公園などの行楽地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釜戸温泉
かまどおんせん

岐阜県瑞浪(みずなみ)市釜戸町にある放射能泉。土岐(とき)川の支流竹折(たけおり)川の渓谷に湧出(ゆうしゅつ)しており、JR中央本線釜戸駅から歩いて約5分の所にあって、交通の便がよい。近くに旗本馬場氏の菩提寺(ぼだいじ)天猷寺(てんゆうじ)や、竜吟滝(りゅうぎんのたき)、旧中山道大湫(おおくて)宿などがあり、散策にもよい。[上島正徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android