コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針桑/柘 ハリグワ

デジタル大辞泉の解説

はり‐ぐわ〔‐ぐは〕【針桑/×柘】

クワ科の落葉小高木。枝にとげがあり、葉は長楕円形。雌雄異株で、6月ごろ開花。雄花は淡黄色で球状につく。実は赤く熟す。朝鮮・中国の原産で、葉を蚕が食べるので桑の代用にする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はりぐわ【針桑】

クワ科の落葉小高木。中国原産。まれに栽培される。小枝はとげとなる。葉は卵形で全縁または三浅裂する。雌雄異株。六月、淡黄色の小花が球状に集まる。果実は赤く熟す。葉を蚕の飼料とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

針桑 (ハリグワ)

学名:Cudrania tricuspidata
植物。クワ科の落葉小高木

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

針桑/柘の関連キーワード果実小枝卵形飼料小花

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android