鈍々亭和樽(読み)どんどんてい わたる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈍々亭和樽 どんどんてい-わたる

?-1822 江戸時代後期の狂歌師。
江戸神田で髪結い業をいとなむ。三陀羅(さんだら)法師にまなび,文化の末ごろ太鼓連を結成,その主宰者となる。戯作(げさく)も手がけた。文政5年7月死去。姓は岡本。名は直常。通称は元次郎,新六。屋号は武蔵屋(むさしや)。別号祭和樽著作に「太皷連月抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android