鈍々亭和樽(読み)どんどんてい わたる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈍々亭和樽 どんどんてい-わたる

?-1822 江戸時代後期の狂歌師。
江戸神田で髪結い業をいとなむ。三陀羅(さんだら)法師にまなび,文化の末ごろ太鼓連を結成,その主宰者となる。戯作(げさく)も手がけた。文政5年7月死去。姓は岡本。名は直常。通称は元次郎,新六。屋号は武蔵屋(むさしや)。別号祭和樽著作に「太皷連月抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android