コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木一保 すずき かずやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木一保 すずき-かずやす

1744-1812 江戸時代中期-後期の武士,国学者。
延享元年生まれ。越後(えちご)(新潟県)高田藩士。有職(ゆうそく)故実,本草学などに精通し,のち江戸詰家老となり大槻(おおつき)玄沢らとまじわる。「頸城郡古物図考」のほか,穂積保(ほづみ-たもつ)の筆名で「熊胆真偽弁(ゆうたんしんぎべん)」をあらわした。文化9年3月死去。69歳。字(あざな)は士養。通称は半兵衛。号は甘井(かんせい)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木一保の関連キーワード延享カルナータカ戦争第2次英米戦争シェーンブルン宮殿鳥居清忠(初代)浮絵カルナータカ戦争カルナータカ戦争ダゴホイの乱蕪村

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone