コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木不二三 すずき ふじぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木不二三 すずき-ふじぞう

1828-1912 幕末-明治時代の水利事業家。
文政11年11月11日生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)延岡(のべおか)藩士。明治2年高千穂世直し一揆(いっき)鎮圧のため臼杵郡(うすきぐん)上野(かみの)村におもむく。水利がわるく水田をつくれない農民窮状を知り,上野・下野両村の有志に出資をつのり,翌年から13年間かけて天ケ淵用水(のち浜の瀬用水)を開削した。明治45年2月22日死去。85歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鈴木不二三の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android