コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木主水(1) すずき もんど

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木主水(1) すずき-もんど

1548-1589 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)17年生まれ。真田昌幸(さなだ-まさゆき)の家臣で上野(こうずけ)(群馬県)名胡桃(なくるみ)城代北条氏の家臣猪俣(いのまた)範直に名胡桃城をうばわれ天正(てんしょう)17年11月自刃(じじん)した。42歳。この事件は,豊臣秀吉が私戦を禁じた命に違反するものとして小田原攻めのきっかけとなった。名は重則(しげのり)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鈴木主水(1)の関連キーワード織豊時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android