コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木主水(1) すずき もんど

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木主水(1) すずき-もんど

1548-1589 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)17年生まれ。真田昌幸(さなだ-まさゆき)の家臣で上野(こうずけ)(群馬県)名胡桃(なくるみ)城代。北条氏の家臣猪俣(いのまた)範直に名胡桃城をうばわれ天正(てんしょう)17年11月自刃(じじん)した。42歳。この事件は,豊臣秀吉が私戦を禁じた命に違反するものとして小田原攻めのきっかけとなった。名は重則(しげのり)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木主水(1)の関連キーワードブルボン朝アンリ安土桃山時代(年表)アグリコラジグムント2世アウグストフランス演劇アンリ4世クレマンエルキシア中野村清介

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone