コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルボン朝 ブルボンチョウ

4件 の用語解説(ブルボン朝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ブルボン‐ちょう〔‐テウ〕【ブルボン朝】

ブルボン王朝

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ブルボンちょう【ブルボン朝 Les Bourbons】

カペー朝,バロア朝に次ぐフランスの王朝。(1)フランス革命前の絶対王政期(1589‐1792)と,(2)革命後の復古王政期(1814‐30)に分かれる。(1)1589年アンリ3世が暗殺されバロア朝が断絶すると,筆頭親王家であるブルボン家の当主アンリアンリ4世として即位,ブルボン朝開かれたアンリ4世ナントの王令によって宗教戦争終止符を打ち,王国の統一を回復,王朝の基礎を築いた。次いで,ルイ13世時代のリシュリュールイ14世未成年時代のマザランの2人の大宰相によって国王権力が確立された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ブルボンちょう【ブルボン朝】

フランス絶対主義期の王朝(1589~1830)。バロア朝断絶後のアンリ四世の即位に始まり、フランス革命で一時中断したが、王政復古で再興し七月革命まで続いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルボン朝
ぶるぼんちょう

フランスのブルボンBourbon家が開いた王朝(1589~1792、1814~30)。その一族は、さらにナバルナバラ)、スペインナポリ(両シチリア)各王国およびパルマ公国にその名を冠する王朝を開いた。
 ブルボン家の発祥の地は、フランス中部のブルボン・ラルシャンボーBourbon l'Archambaultである。13世紀後半、この地の城主の娘ベアトリス・ド・ブルボンとフランス王ルイ9世の六男ロベール・ド・クレルモンとの結婚がブルボン家の起点となり、その子ルイ1世がブルボン公家を創立した。16世紀に入って、ブルボン公位は分家(マルシュ・バンドゥーム系)に移り、1548年、当主アントアーヌ・ド・ブルボンは、ナバル女王ジャンヌ・ダルブルとの結婚によってナバル王を兼ねた。その子がアンリ・ド・ナバルで、フランスとナバルの王アンリ4世(在位1589~1610)となってブルボン王朝を開いた。アンリ4世は、1598年ナントの王令を発してユグノー戦争を収拾した。続くルイ13世(在位1610~43)の時代は、なお国内が不安定で貴族や地方民衆の反乱が頻発した。ルイ14世(在位1643~1715)の時代に入ると、その幼少期にフロンドの乱が起こり、重大な危機に陥ったが、鎮圧後の親政時代に、ようやくブルボン王朝の全盛時代を迎えた。王政の拠点、ベルサイユ宮殿も完成し、古典主義文化が栄えたが、社会の危機は深化した。18世紀、ルイ15世(在位1715~74)の治世は、不況から好況に転じ、啓蒙(けいもう)の世紀に入るが、七年戦争によって生じた財政危機はしだいに重くなり、次のルイ16世(在位1774~92)の治世下、アメリカ独立戦争の負担が加わり、財政は行き詰まる。また諸改革も進捗(しんちょく)せず、王政は破局を迎えた。1792年、フランス革命下の八月十日事件によって王権は停止された。同年9月、ブルボン王政は廃棄され、翌年の93年1月21日、ルイ16世は処刑された。しかし、ナポレオン1世の時代を経て、ウィーン会議以降、ルイ16世の弟たち、ルイ18世(在位1814~24)、ついでシャルル10世(在位1824~30)が即位し、ブルボン朝が復活した。ブルボン朝は1830年の七月革命によって最終的に消滅した。
 スペインのブルボン朝は、フランス王ルイ14世の孫アンジュー公がスペイン国王フェリペ5世(在位1700~24、24~46)としてスペインに君臨するときから始まる。その後、ルイス1世(在位1724)、フェルナンド6世(在位1746~59)、カルロス3世(在位1759~88)、カルロス4世(在位1788~1808)、フェルナンド7世(在位1808、1814~33)まで続き、ナポレオン1世時代に中断されたが、1814年に復活した。この間、集権体制が整備され、啓蒙専制政治が行われた。1868年の革命で女王イサベル2世(在位1833~68)が亡命し、王朝はふたたび絶えたが、1874年、アルフォンソ12世(在位1874~85)が王制の復活を宣した。1931年、第二共和政が成立してアルフォンソ13世(在位1886~1931)が退位するまで続いた。そして、1975年のフランコの死後、13世の孫フアン・カルロスが復位した。
 また、ナポリ(両シチリア)王国のブルボン朝は、ポーランド継承戦争に際し、1734年、スペイン王フェリペ5世の子カルロス7世(在位1734~59。38年に公認され、59年よりスペイン王カルロス3世となる)によって開かれ、1861年まで続いた。[千葉治男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルボン朝の関連キーワード西フランク王国カペー朝バロア朝ユーグカペーコペーブルボン王朝カペー四重奏団ルイ[9世]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブルボン朝の関連情報