コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木彦次郎 すずき ひこじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木彦次郎 すずき-ひこじろう

1898-1975 大正-昭和時代の小説家。
明治31年12月27日生まれ。川端康成らと第6次「新思潮」,「文芸時代」を創刊。のち農民小説,大衆文学に転じ,相撲小説をかく。昭和19年盛岡に疎開。岩手県立図書館長,県教育委員長をつとめた。昭和50年7月23日死去。76歳。東京出身。東京帝大卒。作品に「七月の健康美」「巨石」「両国梶之助」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鈴木彦次郎の関連キーワード常磐津林中(初代)昭和時代

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木彦次郎の関連情報