闘魂(読み)とうこん

精選版 日本国語大辞典「闘魂」の解説

とう‐こん【闘魂】

〘名〙 あくまで戦おうとする強いこころ。闘志
※しろうと農村見学(1954)〈桑原武夫〉「彼の満身にみなぎる闘の由来の一つは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「闘魂」の解説

とう‐こん【闘魂】

あくまでたたかおうとする意気込み。闘争精神。「不屈の闘魂
[類語]強い気強いたくましい気丈気丈夫気骨気概骨っ節反骨確り心丈夫覇気闘志胆力度胸糞度胸士気根性負けじ魂負けん気利かん気勝ち気強気向こう意気鼻っ柱鼻っぱし負けず嫌いファイトガッツ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android