コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木恵照 すずき えしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木恵照 すずき-えしょう

1869-1928 明治-昭和時代前期の僧。
明治2年生まれ。真言宗。大和(奈良県)信貴山(しぎさん)成福院主。信貴山を隆盛にみちびくとともに,大正6年大阪に少年保護院積徳会および積徳病院を設立するなど社会事業にもつくした。昭和3年12月25日死去。60歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鈴木恵照の関連キーワード明治

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android