コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木政夫 すずき まさお

1件 の用語解説(鈴木政夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木政夫 すずき-まさお

1916-2002 昭和-平成時代の彫刻家。
大正5年12月23日生まれ。兄の鈴木基弘も彫刻家。生家は石材加工業。石彫をこころざし,昭和28年上京して木内克(きのうち-よし)にまなぶ。35年新樹会に参加。43年五月会を結成。作品に阪急日生ニュータウン野外彫刻群,日本橋大同生命ビルの「生々の譜」など。作品集に「彫刻の道」など。平成14年3月19日死去。85歳。愛知県出身。岡崎市立商業卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鈴木政夫の関連キーワード江口週建畠覚造川崎普照柴田鋼造鈴木実瀬戸剛空充秋千野茂吉田鎮雄吉野毅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone