コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木内克 きのうち よし

7件 の用語解説(木内克の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

木内克

彫塑家。ブロンズ。茨城県生。新樹会員。朝倉文夫に師事する。昭和52年(1977)歿、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きのうち‐よし【木内克】

[1892~1977]彫刻家。茨城の生まれ。渡欧してブールデルに師事。デフォルメによる特異な作風で具象派彫刻を代表した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

木内克【きのうちよし】

彫刻家。水戸市生れ。朝倉文夫に師事し,1921年渡仏してブールデルの指導を受けた。1935年帰国後,二科展に出品,1948年以降新樹会に属していた。土の材質感を巧みに生かしたテラコッタの作品が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木内克 きのうち-よし

1892-1977 大正-昭和時代の彫刻家。
明治25年6月27日生まれ。朝倉文夫の彫塑塾にまなぶ。大正10年フランスにわたりブールデルに師事。アルカイック彫刻に傾倒し,テラコッタの技法を修得する。昭和26年毎日美術賞,45年中原悌二郎(ていじろう)賞。昭和52年3月8日死去。84歳。茨城県出身。作品に「女の顔」「エーゲ海に捧(ささ)ぐ」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

きのうちよし【木内克】

1892‐1977(明治25‐昭和52)
彫刻家。水戸市に生まれる。1914年朝倉彫塑塾に入り,16年第10回文展に初入選して,官展に出品を続けた。21年フランスに渡り,15年間滞在してギリシアアルカイク彫刻に傾倒し,サロン・ドートンヌなどに出品した。帰国後二科展に出品したが,48年以後新樹会に生命感あふれる作品を発表。代表作《見つけたポーズ》など。【三木 多聞】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木内克
きのうちよし

[生]1892.6.27. 水戸
[没]1977.3.8. 東京
彫刻家。水戸中学校卒業後,1914年朝倉文夫の彫塑塾に入る。 16年第 10回文展初入選。 21年ロンドン,次いでパリに渡り É.ブールデルに師事,サロン・ドートンヌほか諸展覧会に出品。またギリシアのアルカイック彫刻に傾倒し,テラコッタの技法に習熟する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木内克
きのうちよし
(1892―1977)

彫刻家。水戸市に生まれる。1914年(大正3)朝倉文夫の彫塑塾に入り、16年第10回文展に『平吉』が初入選し、官展に出品を続けた。21年渡欧、パリで1年ほどブールデルにつき、以後15年間フランスに滞在、サロン・ドートンヌ、サロン・デ・ザンデパンダンなどに出品、ギリシアのアルカイック彫刻に傾倒した。帰国後一時二科展に出品したが、48年(昭和23)から新樹会展に生命感あふれる作品を出品し、毎日美術賞、中原悌二郎(ていじろう)賞など受賞を重ねた。代表作に滞欧作のテラコッタ『女の顔』をはじめ『寝ている女』『見つけたポーズ』などがある。[三木多聞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木内克の関連キーワード木内輝小室達佐々木素雲清水三重三寺畑助之丞内藤藤一郎中川清(2)中島快彦橋本朝秀浜田三郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木内克の関連情報