コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木桂治 すずき けいじ

1件 の用語解説(鈴木桂治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木桂治 すずき-けいじ

1980- 平成時代の柔道選手。
昭和55年6月3日生まれ。平成10年国士舘高時代,高校生として初めて講道館杯優勝。15年世界選手権無差別級優勝。16年全日本選手権優勝。同年アテネ五輪100kg超級で金メダルを獲得。17年カイロの世界選手権100kg級で優勝。得意技は大外刈り,内またで,足技の鋭さに定評があった。20年北京五輪では日本選手団の主将をつとめた。24年国士舘大柔道部監督。同年全日本男子の強化コーチに就任。茨城県出身。国士舘大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鈴木桂治の関連キーワード嘉納履正山下泰裕阿武教子猪熊功上村春樹神永昭夫醍醐敏郎塚田真希佐藤愛子(2)高鍋進

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴木桂治の関連情報