コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木清(1) すずき きよし

1件 の用語解説(鈴木清(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木清(1) すずき-きよし

1848-1915 明治時代の実業家。
嘉永(かえい)元年4月29日生まれ。明治7年D.グリーンから洗礼をうけ,摂津第一公会(現日本基督(キリスト)教団神戸教会)の設立にくわわる。九鬼隆義らの志摩三商会に入社後,独立して牛肉缶詰業で成功。13年北海道開拓のため赤心社をおこし社長となった。大正4年3月21日死去。68歳。摂津有馬郡(兵庫県)出身。著作に「北行日記」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木清(1)の関連キーワード高校野球三月革命ウィーン蜂起工業教育カモラガリバルディカルロ・アルベルト共産党宣言第四階級ダールマン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone