コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木清(1) すずき きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木清(1) すずき-きよし

1848-1915 明治時代の実業家。
嘉永(かえい)元年4月29日生まれ。明治7年D.グリーンから洗礼をうけ,摂津第一公会(現日本基督(キリスト)教団神戸教会)の設立にくわわる。九鬼隆義らの志摩三商会に入社後,独立して牛肉缶詰業で成功。13年北海道開拓のため赤心社をおこし社長となった。大正4年3月21日死去。68歳。摂津有馬郡(兵庫県)出身。著作に「北行日記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木清(1)の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット一八四八年の革命日本の医学史(年表)高校野球[各個指定]芸能部門三月革命労働者友愛会

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android