鈴木清成(読み)すずき きよなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木清成 すずき-きよなり

1647-1726 江戸時代前期-中期の装剣金工。
正保4年生まれ。正阿弥(しょうあみ)伝兵衛の兄。出羽(でわ)庄内(山形県)の人。正阿弥又八郎にまなぶ。作品には岩に蟹蜂,梅木透かし,粟透かしなどの鐔(つば)がある。銘は「羽州之住清成」「出羽庄内住正阿弥清成」。享保(きょうほう)11年2月27日死去。80歳。通称は左源太。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android