鈴木清成(読み)すずき きよなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木清成 すずき-きよなり

1647-1726 江戸時代前期-中期の装剣金工。
正保4年生まれ。正阿弥(しょうあみ)伝兵衛の兄。出羽(でわ)庄内(山形県)の人。正阿弥又八郎にまなぶ。作品には岩に蟹蜂,梅木透かし,粟透かしなどの鐔(つば)がある。銘は「羽州之住清成」「出羽庄内住正阿弥清成」。享保(きょうほう)11年2月27日死去。80歳。通称は左源太。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android