コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多賀宗之 たが むねゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多賀宗之 たが-むねゆき

1872-1935 明治-大正時代の軍人。
明治5年9月18日生まれ。35年から保定袁世凱(えん-せいがい)の軍事顧問をつとめる。44年歩兵第四十八連隊大隊長,同年参謀本部付で北京に駐在。大正6年江蘇省督軍顧問。陸軍少将。昭和10年10月23日死去。64歳。東京出身。陸軍士官学校卒。

多賀宗之 たか-むねゆき

1647-1726 江戸時代前期-中期の槍術(そうじゅつ)家。
正保(しょうほ)4年生まれ。土佐高知藩主山内忠豊につかえ,紀伊(きい)和歌山浪人の杉山堅二(治)にまなぶ。側用人となったが,元禄(げんろく)14年藩主山内豊昌の喪中不敬をとがめられ,禄を没収され,追放された。老齢で失明しても技はおとろえなかったとつたえられる。享保(きょうほう)11年5月21日死去。80歳。通称は安右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

多賀宗之の関連キーワード大正時代正保明治槍術

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android