コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木長吉 スズキチョウキチ

5件 の用語解説(鈴木長吉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すずき‐ちょうきち〔‐チヤウキチ〕【鈴木長吉】

[1848~1919]鋳金家。帝室技芸員武蔵の人。本名嘉幸(かこう)、長吉は通称。岡野東流斎に師事。蝋型(ろうがた)技法にすぐれ、海外博覧会に出品して賞を受けた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木長吉 すずき-ちょうきち

鈴木嘉幸(すずき-かこう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴木長吉

没年:大正8(1919)
生年:嘉永1(1848)
明治時代の鋳金家。武蔵国石井村(埼玉県坂戸市)生まれ。本名は嘉幸。岡野東竜斎に師事し,蝋型鋳造を学び,明治7(1874)年起立工商会社の鋳造部の監督となり,29年帝室技芸員となった。内外の博覧会に出品し,明治18年にニュールンベルク万国金工博覧会に出品した「鷲」は,江戸時代の蝋型鋳物の伝統をよく伝えたもので,日本の鋳造技術の水準の高さを世界に示すとともに,国内の鋳金工芸界を活気づけることとなった。代表作に「銀製百寿花瓶」(宮内庁蔵),「波濤文水盤」(東京芸大蔵),「鷲置物」(東京国立博物館蔵)などがあるが,なかでも精緻で迫真的な動物鋳造に彼の真価が発揮されている。

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すずきちょうきち【鈴木長吉】

1848‐1919(嘉永1‐大正8)
鋳金家。武蔵国石井村(現,埼玉県坂戸市)に生まれる。名は嘉幸(かこう)。東京に住し岡野東竜斎に師事する。蠟型鋳造を得意とし,18歳のとき鋳物工場を自営。1874年起立工商会社創立に参画し,鋳金部主任となり活躍,96年には帝室技芸院会員となった。内外の博覧会に多くの作品を出品し,賞を数多く受ける。晩年養子を迎え金剛砥石商に転換。代表作に《鷲置物》(東京国立博物館)などがある。【香取 忠彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すずきちょうきち【鈴木長吉】

1848~1919) 鋳金家。武蔵国の人。名は嘉幸。蠟型鋳造を得意とした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木長吉の関連キーワード埼玉県坂戸市青木埼玉県坂戸市石井埼玉県坂戸市小山埼玉県坂戸市栄埼玉県坂戸市塚越埼玉県坂戸市中里埼玉県坂戸市仲町埼玉県坂戸市新堀杉浦行宗鈴木嘉幸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴木長吉の関連情報