コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木長吉 スズキチョウキチ

デジタル大辞泉の解説

すずき‐ちょうきち〔‐チヤウキチ〕【鈴木長吉】

[1848~1919]鋳金家。帝室技芸員武蔵の人。本名嘉幸(かこう)、長吉は通称。岡野東竜斎に師事蝋型(ろうがた)技法にすぐれ、海外博覧会に出品して賞を受けた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴木長吉

没年:大正8(1919)
生年:嘉永1(1848)
明治時代の鋳金家。武蔵国石井村(埼玉県坂戸市)生まれ。本名は嘉幸。岡野東竜斎に師事し,蝋型鋳造を学び,明治7(1874)年起立工商会社鋳造部の監督となり,29年帝室技芸員となった。内外の博覧会に出品し,明治18年にニュールンベルク万国金工博覧会に出品した「鷲」は,江戸時代の蝋型鋳物の伝統をよく伝えたもので,日本の鋳造技術の水準の高さを世界に示すとともに,国内の鋳金工芸界を活気づけることとなった。代表作に「銀製百寿花瓶」(宮内庁蔵),「波濤文水盤」(東京芸大蔵),「鷲置物」(東京国立博物館蔵)などがあるが,なかでも精緻で迫真的な動物鋳造に彼の真価が発揮されている。

(加島勝)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すずきちょうきち【鈴木長吉】

1848‐1919(嘉永1‐大正8)
鋳金家。武蔵国石井村(現,埼玉県坂戸市)に生まれる。名は嘉幸(かこう)。東京に住し岡野東竜斎に師事する。蠟型鋳造を得意とし,18歳のとき鋳物工場を自営。1874年起立工商会社創立に参画し,鋳金部主任となり活躍,96年には帝室技芸院会員となった。内外の博覧会に多くの作品を出品し,賞を数多く受ける。晩年養子を迎え金剛砥石商に転換。代表作に《鷲置物》(東京国立博物館)などがある。【香取 忠彦】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すずきちょうきち【鈴木長吉】

1848~1919) 鋳金家。武蔵国の人。名は嘉幸。蠟型鋳造を得意とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鈴木長吉の関連キーワード鈴木嘉幸鈴木

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android