コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴虫草 スズムシソウ

デジタル大辞泉の解説

すずむし‐そう〔‐サウ〕【鈴虫草】

キツネノマゴ科の多年草。近畿以西の山地に生え、高さ30~60センチ。茎は四角柱で、広卵形の葉が対生する。秋、淡紫色の花が朝に開いて午後には散る。すずむしばな。
ラン科の多年草。山地に生え、高さ20~30センチ。葉が2枚対生する。夏、淡紫色の花を総状につけ、花びらの形と色とがスズムシに似る。すずむしらん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すずむしそう【鈴虫草】

ラン科の多年草。林内に生え、また観賞用に栽培する。葉は二個で根生し、広楕円形。初夏、高さ約20センチメートルの花茎を立てて暗紫色の花を十数個、総状につける。鈴虫蘭。
キツネノマゴ科の多年草。林内に自生。茎は高さ50センチメートル 内外で、広卵形の葉を対生。秋、上部の葉腋ようえきに淡紫色で筒状の花をつける。スズムシバナ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鈴虫草の関連キーワードキツネノマゴ科広楕円形暗紫色四角柱淡紫色広卵形山地対生根生総状葉腋花茎

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android