コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴鹿秀満 すずか ひでまろ

美術人名辞典の解説

鈴鹿秀満

歌人・祠官。字は魏祖、通称織部之助・五十鈴、号は翠柳軒・柳舎・蛙遊。神戸大明神祠官平佐帯刀の長男。備後安那郡生。国学神典和歌小寺清先・同清之に学び、特に和歌を能くした。神戸大明神大宮司・従五位上能登守・豊後守・美濃守を務める。明治10(1877)歿、81才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴鹿秀満 すずか-ひでまろ

1797-1877 江戸後期-明治時代の国学者。
寛政9年生まれ。備後(びんご)(広島県)神辺(かんなべ)大明神の神職平佐帯刀の長男。国学,和歌を小寺清先・清之にまなぶ。文政12年京都にいき,神道の吉田家で「日本書紀」を講じ,鈴鹿姓をあたえられる。のち神職をつぐ。明治10年10月8日死去。81歳。字(あざな)は魏祖。号は翠柳軒,柳舎,蛙遊。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鈴鹿秀満の関連キーワード明治時代国学者

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android